利用規約
第1条(目的)
利用規約(以下、「本規約」という)は、有限会社 ケイクリエイト(以下「甲」という) と、
本サービスをご利用になるご利用申込者(以下、「契約者」という)との間で適用される条件を
定めるものです。
 
(本規約の適用・改定について)
本規約は、本サービスを利用するすべての契約者に対して適用されるものとします。
また本規約は甲が契約者の許可を得ることなく、いつでも改定できるものとします。
改定後は本利用規約ページに掲載し,最終改定日より改定後の規約が適用されるものとします。
第2条(適用範囲)
本規約は、本サービスの提供および本契約に関連して提供される全ての関連サービスに適用するものとします。
また、本規約の他に、個別に規定された利用規約が存在する場合は、当該利用規約も適用されるものとします。
 
第3条(申込方法)
1) 申込みを行い、甲より承認を受けた契約者は、申込み時に登録した範囲内で、本サービスを利用できるもの
   とします。

2) 契約者は、本サービスを利用するために、本規約の内容を遵守するものとします。
   万一本規約に違反する利用がなされた場合、甲は当該契約者の利用資格を取り消すことができるものと
   します。
 
第4条(本サービスの開始日)
1) 申し込みから審査の上、初期設定終了後、甲より利用開始通知を行った日から開始となります。
 
第5条(利用契約の成立,料金)
  利用契約は、本サービスの提供開始日時点で成立するものとします。但し、下記のいずれかに該当する場合、
  甲は利用申込みを承諾しないか、もしくは承諾後であっても、以下承諾の取消を行うことができるものとします。
(1) 本サービスの申込者が、当該申込みに係る契約上の義務を怠るおそれがあると甲が判断した場合。
(2) 本サービスの申込者が、本サービス契約の利用申込書に虚偽の事実を記載した場合。
(3) その他前各号に準ずる場合で、甲が契約締結を適当でないと判断した場合。
 
(利用料金・お支払いについて)
(1)会員数の増減に応じた課金制度とします。
(2)初回導入費用 3万円(税別)となります。
(3)毎月末日締め翌月10日お支払いになります。(毎月10日が金融機関休業日の場合は翌営業日がご入金日になります。)
    ※ご利用料金・お支払条件等詳細は都度の事前告知により変更等をお知らせするものによる。
 
第6条(契約者の氏名等の変更および地位の承継)
1.契約者は、その氏名、名称、住所または居所等、登録内容に変更があった場合は、甲に対してその旨を速やかに
   通知するものとする。
2.契約者が、合併・分割・事業譲渡等により地位の承継があった場合、甲に対してその旨を速やかに通知するものとする。
3.甲は、前項の届出があった場合、その契約者またはその契約者の業務の同一性および継続性が認められないと甲が判断した場合、
   契約者としての地位の承継を認めない場合があります。
 
第7条(本サービスに関する制限事項)
1.契約者は、本サービスに関するドキュメントの複製、頒布、貸与、送信(自動公衆送信、送信可能化を含む)、
   リース、担保設定等を行うことはできません。また、利用規約に基づいて提供される本サービスを使用する
   権利を譲渡、転売、あるいはその使用を許諾することはできません。
2.契約者は、本サービスに関するドキュメントを修正、翻訳、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、
   逆アセンブル、または本サービスの派生製品を作成することはできません。
   また、本サービスは1つの製品として許諾されており、契約者はその構成部分を分離して使用することは
   できません。
 
第8条(禁止事項)
  契約者は、本サービスの利用に関して、以下のことが禁止されています。
(1) 本サービスを無断(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態の如何を問わず)で利用する行為。
(2) 本サービスを改竄、複製、公開、ライセンス供与、および派生品の作成を行ったり、関連情報を
     販売すること。
(3) 本サービスに損害を与えたり、使用不能にしたり、過剰に負荷をかけたり、機能を損傷したりする方法、
    あるいはすべてのユーザーに本サービスの利用を妨害する方法で使用すること。
(4) コンピュータウィルス等、有害なプログラムを使用若しくは提供する行為。
(5) チェーンメール、スパムメールの発信。
(6) 各種の法令に違反し、または違反するおそれのある行為。
(7) 甲または第三者を中傷し、またはその名誉、信用、プライバシー等の人格的権利を侵害する行為、
     またはそのおそれのある行為。
(8) 個人情報その他第三者に関する情報を偽りその他不正な手段を用いて収集、取得する行為、あるいはそれに類似する行為。
(9) 個人情報を本人の同意なく違法に第三者に開示、提供する行為、またはそれに類似する行為。
(10)甲あるいは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為またはそのおそれのある行為。
(11) わいせつ、児童売春、児童虐待にあたるコンテンツを発信する行為あるいはそれに類似する行為。
(12) 他の利用者または第三者、若しくは甲に不利益を与える行為。
(13) その他甲が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為。
 
第9条(仕様変更)
1.甲は、本サービスについて仕様変更を行う場合があります。
2.甲は、契約者に対し、仕様変更を行う際には甲が適当と判断する方法によりその旨の通知をいたしますが、
   本サービスの性質上、仕様変更作業に関しては契約者に承諾を得ない場合があります。
 
第10条(知的財産権)
1.本サービスに関する著作権、特許権、商標権その他一切の知的財産権は、甲に帰属します。
2.本サービスの利用によりアクセスされ表示・利用される本サービスについての知的財産権は、
   弊社または情報コンテンツ提供者の財産であり、著作権およびその他の知的財産権に関する法律および条約
   によって保護されています。
 
第11条(権利譲渡の禁止)
  契約者は、本サービスを利用する権利の全部または一部を、第三者に対し譲渡、貸与その他の方法で利用
   させないものとします。
 
第12条(提供の停止)
契約者が以下のいずれかに該当する場合、甲は本サービスの提供を停止することができるものとします。
(1)契約者の申込にあたって、虚偽の事項があったことが判明した場合。
(2)契約者が本契約のいずれかの規定に違反した場合。
 

第13条(提供の中断)
1.甲は、以下のいずれかに該当する場合、本サービスの提供を中断することができるものとします。
(1)甲での設備の保守上または工事上やむを得ない場合。
(2)甲での設備にやむを得ない障害が発生した場合。
(3)第一種通信事業者が電気通信サービスの提供を中止することにより、本サービスの提供を行うことが
    できない場合。
2.甲は、前項による中断の必要が生じた場合には、事前に契約者に通知するものとします。
   ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。
 
第14条(利用の制限)
  甲は、電気通信事業法第8条の規定により、天災事変その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれが
  ある場合は、災害の予防、救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な通信その他
  の公共の利益のために緊急を要する重要通信を優先的に取り扱うため、本サービスの提供を制限または停止
  することができるものとします。
 
第15条(サービスの廃止)
1.甲は、甲の都合により本サービスの全部、または一部を廃止することができるものとします。
2.甲は、前項の規定によりサービスの廃止を行う場合には、1ヶ月前までに契約者に対して
   甲が適当と判断する方法にて、その旨を通知することとします。
 
第16条(解約)
1.甲は、第12条(提供の停止)の規定により本サービスの利用を停止された契約者が、当該停止期間中にその事由を
   解消しない場合は、利用を解約することができるものとします。

2. 契約者は、解約日(サービス停止日)より2ヶ月前までに文書またはその旨のわかる適当な方法にて甲に通知をもって
   通知日の翌月末を解約日とする。
   例)10月末までに解約通知の場合は11月末日解約日(サービス停止)とする。
 
第17条(責任の制限・免責事項)
1.甲は、本サービスにより提供される機能を永続的に使用できる権利は保証いたしません。
2.甲は、事情の如何を問わず、契約者による本サービスの使用、誤用または使用不能による責任を一切負いません。
3.甲は、理由の如何を問わず、契約者が本サービスの全部又は一部が利用できないことにより発生する、
   あらゆる直接的および間接的損害について一切の責任を負いません。
4.甲は、第三者がログイン名を不正に使用する等の方法で、本サービスを不正に利用することにより契約者または第三者に
   損害を与えた場合について一切の責任を負いません。
5.契約者が、本サービスの利用により顧客及び第三者(他の契約者も含む)に対し損害を与えた場合、契約者は自己の責任により
   これを解決し、甲にいかなる責任も負担させないものとします。
6.甲は、本サービスの提供、遅滞、変更、中止・廃止の際、また顧客の登録・情報提供・収集された顧客情報及び保管された
   契約者及び顧客データ等の全てのデータに対して、紛失・破棄等の損失及び損害が発生した際について一切の責任を負いません。
7.本サービスで提供されているプログラム等について万全を期しておりますが、甲は契約者が本サービスを用いて行う
   一切の行為について、一切の責任を追わないものとします。
 
第18条(規約の変更)
甲は、契約者の事前の承諾を得ることなく、本規約を独自に変更することができるものとします。
  規約が変更された後のサービス提供条件は、変更後の規約に拠るものとします。
 
第19条(機密保持)
甲は、本サービスの提供に関連して知り得た契約者また顧客情報を機密情報を第20条第2項に定める個人情報使用の
  目的以外に使用せず、第三者に開示しないものとします。
 
第20条(個人情報の保護)
1.甲は、本サービスの提供に際し、本サービス申込書より取得した個人情報を法令および甲が公表する「個人情報保護方針」
   に基づき適切に保護いたします。
2.甲は、契約者及び顧客情報の個人情報を下記の目的で使用いたします。
(1)ASPサービス等の各種サービスの提供のため
(2)変更、停止、解除、サービス追加等の会員管理のため
(3)サービスを提供する上で必要な情報等を会員にお届けするため
(4)現在ご提供のサービス、新サービス開発に対するご意見の聴取のため
(5)本サービスの利用状況を把握し、サービス向上の為、改善・改良するため
(6)営業活動において、お打合せ、商品ご紹介などでご訪問させていただくため
(7)甲の広告宣伝に対してご興味を持っていただいた方に、更に詳しい資料、商品情報をご提供するため
3.甲は、前項の使用範囲内で業務委託先に契約者の個人情報を開示することができるものとします。
4.甲は、以下のいずれかに該当する場合には契約者の個人情報を第三者に開示することができるものとします。
(1)あらかじめ契約者の同意が得られている場合
(2)法令に基づき開示しなければならない場合
(3)人の生命、身体または財産の保護に必要があり、本人の同意を得ることが困難な場合
(4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進に特に必要であって、本人の同意を得ることが困難な場合
(5)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して
    協力の必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
 
第21条(準拠法、裁判管轄)
本規約の準拠法は、日本法とします。本サービスまたは本規約に関連して甲と契約者の間で生じた紛争については
  大阪地方裁判所を第一管轄裁判所とします。
 
第22条(利用規約違反について)
契約者が、本規約に反した行為若しくは違法に本サービスを利用することにより、甲に損害を与えた場合、
  甲は、該当契約者に対して相応の損害賠償の請求(弁理士費用を含む)を行う場合があるものとします。
 
第23条(発効期日)
この規約は、2008年11月20日より効力を発するものとします。
 
 
 
最終改定日2009年4月20日
 
利用規約 お問合せ Privacy Policy 運営会社